印鑑の歴史を知ろう

欧米諸国には印鑑を押す習慣はありませんが、その代わりにサインをします。 他の諸国の中でも、印鑑を押す習慣がある国は、中国の一部地域を除けば日本だけのようです。 日本での印鑑は海外でのサインと同じ効力があるので、印鑑の取り扱いには十分に注意しなければなりません。 日本人にとって印鑑はなくてはならないものでし、印鑑を持っていないと困ることもあります。 印鑑の呼び方も、「はんこ」「認め印」「実印」などといろいろあります。 印鑑は普段使用することは少なくても、何か契約するときや、役所への届け出をするときなどには必ず必要になってきます。

この重要な役割を果たす印鑑には、どんな歴史があるのでしょうか。 印鑑の歴史は意外と古いんです。 印鑑は日本古来のものだと思っている人もいるかもしれませんが、実は印鑑の起源は日本ではないんです。 印鑑が日本に伝わってきてからの歴史などもご紹介していきたいと思います。 普段生活する中で、印鑑の歴史について考えることなどないでしょう。 それだけ印鑑は、私たちの生活の中で身近なものになっているのです。 印鑑の歴史を知ることで印鑑に興味がわいてくるかもしれませんし、印鑑に対する考え方も変わるかも知れません。